ウーバーイーツの配達バートナーをやってみた。

ウーバーイーツの配達バートナーをやってみた。
自転車で飲食店のデリバリーを請け負う。半日で50~60km走ることになる。

注文してみるだけでも良かったのかもしれないけれど、宅配飲食業界にいる以上、新たな外部環境の変化なのでどんなものかもっと肌で感じてみようとしたのがきっかけ。

簡単に言うと、宅配代行業。
地方だとあまりなじみがないかもしれないけれど、最近よくテレビでも紹介されているし、東京、大阪などの大都市圏では街で日常的に見かけることもあるはず。

出来る時、やりたい時だけスマホアプリをオンラインにするだけで自由にできる制約の無さもやってみるハードルを下げた(要登録)。

業務上のメリットとして、デリバリーする店舗とデリバリーを注文する顧客の両方が見られニーズを肌で感じられる。八釜屋の加盟店さんたちとの会話で共感できる範囲が増え、今まで以上に日常業務での宅配あるあるを共有できるようになった。

最近、新規に加盟してくれたオーナーさんが契約書を取り交わす段になって「社長自らウーバーイーツの配達をやってみるようなチェーンならきっと大丈夫だと思った」と言っていただいた時は、業務について何事にも好奇心をもって貪欲に取り組む姿勢を評価してくれたのだと感じたのでとても嬉しかった。

余禄として、運動不足が一気に解消され、体力が付き、1~2か月で二十歳のころの体重になった。もともと好きだった自転車で走るのも、日々チューンナップして調整が出来上がっていくことも純粋に楽しい。

業務上の好奇心を満たし、参考にする目的だったので数回やってどんなものか知るだけで良かったはずが、結果的に結構素で気に入ってしまったのでできる範囲で続けようと今は思っている。

こんなだから、本当はもっとやりたいのだけれど、このところ忙しくなかなかできていないのが残念ではある。