1年で潰した飲食店

思い出の棚卸し

1年でつぶしたベトナム料理店アンナン。東京都世田谷区奥沢だった。資金繰りも、人間関係も、何もかも最高に辛い経験だった。トラウマでずっと思いだしたくなかったけれど、ようやく今後のために向き合う気になった。

全く利益は出なかったが、喜んで何度も来てくれるお客様も居たし、今まだお店が残っていたとしたら自分でもお金を出して食べに行きたいと思える店にまでできたので失ったものばかりではない。

むしろ、鍋が振れるようになったのも、メニュー開発ができるようになったのも、資金不足で自分がキッチンに入らざるを得なかった結果だが、それが無ければ今の仕事はできていない。飲食業界でのキャリアの原点であり、自分の人生の不可欠な経験ではある。

ただし、今この記事を書いているとあの時がよみがえって、胸は苦しい。乗り越えよう、と思う。