昭和3年から90年続いた近所のそば屋

近所のそば屋が閉店した。
最寄りの駅への道沿い(住宅地の真ん中)にあるので、日常的に前を通っていたが、創業が昭和3年で90年の歴史があったとは知らなかった。

子供のころ、大晦日の年越しそばをここからとるのがしばらくの間習慣になっていて、わくわくと毎年楽しみにしていた思い出がある。
ところが最近はその大晦日の出前を取ることもなくなり、家庭でそばをゆでて年越しをする習慣になって久しかった。

数日前、同居している母とそのそば屋の閉店の話になった折、
「毎年、あそこからとる年越しそばが楽しみだった」という、自分と全く同じ想いがあったことを知った。
それならばなぜ大晦日に出前を取らなくなったか質問したところ、

「ある年突然、大晦日の容器が使い捨てになった。それから、何となく取らなくなった」とのことだった。

大きな価値を提供し続けて、その店に対するロイヤリティが高かった顧客が、たった一度の意に沿わない経験によって、その後2度とリピートしなかったという話だ。良い思い出をずっと胸に抱き続けていたにも関わらず。

宅配飲食に関わる人間としては恐ろしい話だ。
自らが関わる店舗では、そのような不幸が起こらないよう、心して取り組まないといけないと思い知らされた出来事だった。

ちなみに、閉店理由は経営者のご高齢によるもので商売が立ち行かなくなったからではないと思う。念のため。

八釜屋 商標登録

八釜屋商標登録
無事、商標登録の許可がおりました。1月に申請をしていたので審査期間8か月ですね。
当然、許可が下りる可能性が高いことを予想して選んでいたのですが、万一のこともあるのでほっとしました。
ちなみに10年間分登録までの費用は20万円でした。ご参考まで。

商品の品質を維持するということ

先日、八釜屋の秋メニューをリリースしました。

その過程で、ある加盟店さんからレシピについてのフィードバックがありました。
「鱧と松茸釜飯試作しました。上品な味で美味です。松茸も存在感が有りました。私個人的には、鱧、松茸栗、うずら卵だけなので錦糸卵は多目に入れた方が良い気がします。(甘みがあるので)」

こういう加盟店さんからのご意見が品質を高めていきます。
ここであえてなのですが、錦糸卵を増やす調理マニュアルの修正はするのはやめておこうと思っています。

各加盟店さんが、現場で美味しくするために神経を研ぎ澄ましておいて頂きたいからです。
常々、感じていたのですが、売上が安定している店舗のオーナーさんは、お客様にとっての商品品質を維持するために、臨機応変な対応をしていることを多く感じるのです。
「かに爪が小さかったから、かに棒一本追加してバランスとっておいたよ」とか、
「ホタテが小さめだったので、2個入れたよ」とかです。

ほんのちょっとの原価をけちってお客様をがっかりさせるより、臨機応変に満足度の高い商品を出し続けたほうが事業としてはうまくいく気がします。
そんな視点で、調理・盛り込みに注意を怠らないことは非常に重要だと思います。

AKBから目が離せない

ファンだというのではなく、マーケティング視点での話。

売れている、ビジネスとして大成功、という点で異論のある人はいないはず。
その中でもすごいと思うことがありすぎるのが、AKB。

クラスで10番目にかわいい娘コンセプト、大量生産可能、代替可能、悪魔の握手会、パラダイムシフトで大変だ、と感じていた音楽業界で「総選挙」という予想できなかった大仕掛けでのミリオンヒット。

そんな常識を破り続けるマーケティング戦略を見ていたので、
何も知らない時期に、新センター登場!!ときたとき、
「今度は何をやるつもりなのだ?!!」と注意をガッツリ引き付けられてしまった。
結果的にCGだったわけだが、その結論でも戦略の輝きは衰えず、、、。

秋元康氏の独特のシニカルな雰囲気があまり好きでは無くても、彼のやっていることには恐れ入りましたと頭を下げざるを得ない。

(追伸 NHK特集で舞台裏をやっていた。先輩後輩や、緊張感など、雰囲気が高校野球部みたいなところがあった。そんなところは素直に好感がもてました。)

女性を魅惑する効果を前面に押し出した広告(ユニリーバ、AXE)

この商品のプロモーションに注目している。

五感と感情と感性を刺激して幸せな経験を演出する

まず、フレグランス系の商品プロモーションでは常套手段だった、
「異性を魅惑する」というメッセージを非常に直接的に使っている点。

テレビCMを列記するだけでも、
・実験として吹きかけたマネキンに、実験者の女性がひきつけられてしまう。
・さえない男性がカフェテリアで女性から(ホットドックケチャップで書くという形で)電話番号を教えられる。
・街中でデオドラントシートを使っていると、それを見た女性がその男性と同じ動作をし続ける。
などがある。
そして、上記の点だけでもユニークだと思っていたのに、最新のものは「告白力をつける」というさらに新しい切り口になった。

CMがどんどん新しいバージョンに変わっていく点、今回はコンセプトすらシフトしている点において、
この流れがもともと計画されていたものなのか、それとも、「PDCAサイクル」が確実に実行されているからなのかはさらに興味深いところ。

うまいプロモーション 「ダイワハウス」

「資生堂Tsubaki」に続いてプロモーションの話。

今度はダイワハウスのCMの話。

Tsubakiのときはいくらか冷静に語れたが、

こちらはため息しか出ないというほど完成度が高いと思っている。

「なんでダイワハウスなんだ?」シリーズだ。

前にも書いたことがあると思うが、僕が社会人を始めたのは、某ツーバイフォーのトップメーカー。

住宅メーカーにおいて、モデルハウスの来場者からの成約が、受注の大きな割合を占めていた。

住宅メーカーにとっては、

いかに自らのモデルハウスに来場者を増やすかが、受注の多寡に直結する。

その点をわかった上であのCMを見ると、モデルハウスを訪れるひとがダイワハウスのモデルハウスを訪問する確率が格段に高まると思う。

このシリーズはどれも良いのだが、特にインドカレー店のバージョンは秀逸の一言。

ダイワハウスの名前が出てくるのは、最後の数秒だが、完全に頭にその響きが刷り込まれてしまう、、、。

その画像はこちら、是非見てみてください。

http://jp.youtube.com/watch?v=3bCaFF9HqYI

うまいプロモーション 「資生堂 Tsubaki」

「Tsubaki」のCMはうまいなーと思う。

当初、売れ筋の女優を徹底的に使い、勢いだけでやってしまったのではないかと見ているほうが心配になるほどすさまじいお金をかけていた。

その甲斐あって、ターゲットである女性のみならず、誰に対しても絶大な認知度を定着させた。

最近のCMでは素人を起用して同じイメージを演出している。

既に定着しているイメージをきちんと継承しながらも、予算を抑えている。

CMは継続しないと効果が落ちるが、インパクトが強いCMほど有名人の起用などでコストもかさむのが宿命だった。

それを一旦強いイメージを定着させてから、低価格で継続する方法に転換している点を秀逸に感じる。

(1カットだけ、最初のメンバーを使っている点もにくい演出)

とはいえ、かけている広告費の桁が違うことは間違いない。

あの広告企画の稟議を出すのは、やはり大きなチャレンジだったのではないかと感じる。

(いきなり担当者目線に戻ってしまった(汗))

ブレークするということ

「パフューム」というグループを興味を持って見ている。

きっかけは、あるとき、流れていたラジオ番組のアナウンサーが口にした「パフュームが良い」という言葉を口にしていたのを聞いて、「あれ!?」と思ったことからである。

そのときは、歌も流れなかったし、アピアランスも全くわからなかった。それなのになぜ、と考えると、そのアナウンサーのコメントに本人の気持ちが乗っていたのであろう、何か人の興味をそそるエネルギーがありそうだと、自分の好奇心を刺激していたのだと思う。

実際に彼女達の姿を見、歌を聴いたのはずっと後のことだったが、「パフューム」という言葉は記憶にずっと残っていた。

言いたいのは、「ヒット商品とはこんなものなのだな」ということ。

製品が顧客のニーズを満たしていれば、自然に経験したことのある他の顧客がプロモーションをしてくれるということ。

 余談になるが、一旦ブレークした彼女達が、その存在感を維持し続けるためには、バックアップする人たちのクリエイティビティーが問われる。

・同じでは飽きられる。

・彼女達も歳をとっていく。

そんな当然な外部(内部)要因を加味してポジショニングをかえながら人気を維持していくかが腕の見せ所だ。

(また、ポジショニング変化の先が芸能界だけでないことは、本人、プロダクションの人たち含めて考えてあげてほしいかな。)

リプトンの紅茶製品

昔から、リプトンの紅茶製品(ペットボトル)は大好きで、棚に並んでいるのを見つけると買うことが多かった。
ここの製品は、上品な紅茶の味がきちんとたっていて、味わいが他社のペットボトルとは全く違うと思う。

ただ、見つけるのが難しかった、今までは。
大手のコンビニにはほとんど置いてないのだ。

僕にとってこの製品は、マーケティングの4Pで、「Product(製品)は良いのに、Place(販売チャネル)が弱いことによって伸び悩んでいる」という、象徴的な製品だった。

ところが、
最近、リプトン、紅茶の新製品のプロモーションを良く見かける。
電車内吊り広告、テレビコマーシャルなどである。
つまり、Promotion(販売促進活動)に力を入れているということ。

まともなマーケターが企画したのなら、広告と共に、チャネルカバレッジを上げる施策を打っているはず。
当たり前のことが確実に行われているかが興味深く、気をつけてチェックしてみようと思っている。

店舗案件、メイドカフェ

資金計画の目処がついてきたので、実店舗の一号店の計画を進めている。
まずは人と、店探し。
基本は初期投資を抑えるため、閉店予定の飲食店の物件をあたっている。

今日、2件見に行ったうち、一件が興味深かった。
閉店したメイドカフェである。

秋葉原の外れにある店舗で、一時は繁盛していたが、歩行者天国が一旦中止になってから客足が遠のき閉店にいたったとのこと。

物件の良し悪しは別にして、
メイドカフェという全く未知のものについて、どのようなビジネスモデルなのか好奇心でいろいろ聞いてしまった。

・秋葉原近辺に約40店あって、一番の人気店は、コアの顧客層には敬遠されている。
・リサーチするなら数を廻らないと実情は摑めない。店のスタイルも客層も全く違う。
といったコメントがあり興味深かった。

うーん、深い、、、。